本ページはプロモーションが含まれています。

性の悩み

日常生活でも濡れやすい !エッチ以外の仕事の時から濡れる

一般的な日常生活していて下着が濡れる。

仕事をしている勉強をしているなどの、普通の日常生活でもオリモノかわからないけど下着が濡れている。

なんか最近オリモノなのかわからないけど頻繁に濡れることが多いような気がするし匂いもするような気がする。これって病気なの?正常なの?

日常生活でも濡れやすい

勉強しているときや仕事しているときでも、エッチなことを想像したら濡れるのは普通です。

逆に勉強や仕事に集中してても濡れるのは病気の可能性も大いにあります。

濡れる量でも臭いでも色々と関係してくるのが女性ホルモンのバランスです。

女性のオリモノは膣内に不要と認識されたものが洗い流されているんです。

その量がいつも大量だと危険です。

エッチなことを想像して濡れるのはオリモノとは違い愛液になります。

分泌される愛液の量は個人差があり、多い少ないは愛液に関しては病気とは関係ありません。

エッチ以外の仕事の時から濡れる

愛液なら問題はかなり低いい確立だと思いますが、エッチ以外の仕事の時から濡れるってことは性病に限りなく近いです。

エッチなことを考えていて愛液だと思っていてもオリモノだったりすることも少なくありません。前にも書きましたが、膣の中で不要になったものが洗い流されるものをオリモノと言います。その量が頻繁に多いということは、病気の危険信号だと思っても良いです。

オリモノにも無臭で愛液みたいなオリモノもあります。

菌にも生命力がある

バイ菌や性病は明らかに違うオリモノならすぐにわかってしまい人間によって退治されてしまいます。しかし菌でも生命体なので必死に生き延びようとして人間にわからないようにカモフラージュします。

そのカモフラージュによって女性はよりわかりにくくなっています。

性病は経験がない方が良いので、より分からない女性は多いです。

そんな時、自分の体に疑いを持ったときにエッチをして性病を広める前に検査しましょう。

誰にも顔を知られない性病検査

家で簡単に顔も知られない性病検査で何も性病の心配のない体でセックスしましょう。

男性は尿道と精子の通り道が同じなので勃起障害や膿が出たりとわかりやすいです。

男性が貴女としかセックスしていなければ貴女にうつされたと思います。

そして貴女との恋に破局が生まれます。

そんなことになる前に自宅で簡単な検査を受けましょう。



日常生活でもパンツが濡れる

日常生活でエッチなことを考えていないのに濡れるのは愛液だったら心配は要りませんがオリモノだったら要注意です。

エッチの本番で気持ちが良いから濡れるんじゃなりません。

これから始まるエッチに期待して濡れるし、エッチをして気持ちが良いと更に濡れるんです。

いやらしく想像して男性器を迎え入れるために濡れるんです。

女性器は完全に乾くということはありません。

でも大量に濡れる時や匂いがする時は要注意です。

3.5phの弱酸性だから安心

水道水が7phぐらいで基本の値になり中性と言います。

7phより低い値を酸性と言い、高い物はアルカリ性と言います。

膣の中は酸性に近く菌などから守っています。

男性の精子もたどりつけないほど過酷な場所なんです。

舐められて男性が酸っぱく感じるのは酸性に近いからです。

美味しい愛液を舐めてもらう

膣の中はオリモノも通る場所なので臭いを感じたり味が変化しやすい場所とも言えます。

そこで膣内の洗浄をして膣の壁を綺麗にすることでいつも美味しい愛液が出てきます。

愛液が美味しいといつまでも舐めてくれます。

美味しくなかったり、嫌な臭いがすると義理で舐めてすぐに終わるでしょう。

デリケートパックでいつも清潔にすることで美味しい愛液を彼に提供できるんです。

今話題のLC商品1位のデリケートパック

 

-性の悩み