恋の悩み

渡し方間違ってない?バレンタインデー本命チョコの正しい渡し方

20歳未満の男性で特に中学生など思春期の男性にチョコを渡すときに、チョコレートの渡し方一つで結果が全く違ってくる。

男性側が複数人居る場合や女性が恥ずかしがって友達を連れて行くなど複数人居れば、周りの友達に変に気を使って本当は好きでチョコをもらいたいのに、想いと反対のことを口に出してしまうのが、思春期の男性には多いです。

本命チョコレートの渡し方

中学生や高校生などの男子は友達に大変気を使います。

友達より女性の方が大事になってくるには時間がかかります。

学生の頃に間違いがちなのがバレンタインデーに、友達などを連れて複数で彼にあって本命チョコレートを渡すことです。

彼が友達と居るときや貴女が友達を連れて行くのは80%ぐらいの高確率で失敗します。

バレンタインデーやイベントでプレゼントなど渡すときは必ず1対1で会うことです。

貴女も恥ずかしいと思いますが、もらう彼も恥ずかしいのです。

その恥ずかしい所へ友達など居たら好きなものも成功はしません。

本命チョコを渡すときは1対1

1対1の良い所は周りに気を使わないで済むことです。

周りに友達がいてチョコレートをもらいたいのに変なプライドでもらわなかった時に、あとになって「あの時は友達がいたから断っちゃったんだー」ってこことで思うだけで、言うこともなくタダタダ時間が流れていきます。

本命チョコレートを渡すときは必ず1対1で渡しましょう。

恥ずかしい時は手紙を添えて、渡したらすぐに走ってその場を離れます。

手紙の内容は貴女の連絡先を書いておく

注意

電話番号やLINEのIDなど彼から貴女へ連絡を取れる方法を書いておく

彼方の事が大好きです。良かったら連絡してください。

内容は短めに済ませて後は連絡が来てからゆっくりと長めに話しましょう。

手作りチョコは避ける

怨念がかかわっている映画やドラマは常に女です。

手作りチョコは、彼にとって重たいかもしれません。

貴女の印象を上げるには手作りチョコはやめときましょう。

手紙にも「食べてくれなかったら悲しいのでお店で買ったチョコを送ります。」って書いてあると良いですね。

手作りチョコは何が入ってるかわからないので警戒する男子は意外に多いです。

警戒されない好印象を狙うにはお店で買ったチョコレートが一番です。

手作りチョコの重たい理由

手作りチョコは長い時間をかけて作られたもので貴女の気持ちがものすごく入ったチョコレートになります。

もし貴女の事が大好きならそれでもいいでしょう。

たとえ上手くできたチョコでも、まだ好きでもない貴女だったら重たいチョコになります。

もらう彼のことを考えて上げるチョコレートの方が彼は喜びます。

自分の気持ちばかり考えていたらダメな重たい女になってしまいます。

渡し方で決まる本命チョコ

基本は大人になっても1対1がもらってくれるチャンスが広がります。

特に中学生や高校生などの若い時の男子は、友達と複数いるもらってくれないで告白も上手く行かないケースが多いです。

上手く行くケースの告白も複数友達がいれば、友達を顔色を見ながら断られることが多いです。

バレンタインデーでのチョコレートの渡し方は1対1で渡すのが絶対条件です。

貴女の友達、彼の友達どちらでも全く関係ありません。

フラれる可能性が大きいです。

渡し方を間違えると告白も上手く行きません。



-恋の悩み

Copyright© 女性の恋愛講座 , 2020 All Rights Reserved.