恋の悩み

さりげなく下着が見えるチラリズム!男性は視覚で興奮する

男が興奮する下着が見えそうで見えないようなもどかしいチラリズムは、女性が覗かれていることに気が付かない状況です。

わざと見えるようにしてもわざと見せている雰囲気を出さないのがチラリズムです。

堂々と見せられても興奮はしないんです。

ただ見せれば良いと思ったら大きな間違いで、しゃがんで靴の紐を治しているときに胸がちらりと見えるのが男性は興奮するんです。

わざとでもさりげなく見えるチラリズム

わざとパンチラを作っても良いですが、彼にはわざとだってことがばれてはダメなんです。

あくまでも自然なパンチラでさりげないチラリズムです。

床に座っててテレビのリモコンを取ろうとして体制が伸びて下着が男性から見えているけど、女性は見られていることに気が付いていないのが男性にとっては興奮するんです。

女性が見えていないと思っているのに男性は興奮するんです。

見えても平気な見せパンみたいなものを履いているとダメなんです。

パンチラ、胸チラとあり見られていることに気が付かないのが興奮する場面です。

男性が興奮するチラリズム

覗きってのは女性が見られていることに気が付いていないから興奮するんです。

大昔覗き部屋って風俗まがいのお店があったそうですが、すぐに見なくなってしまいました。

構造的には円の中央に女性が脱ぐ部屋があり、円の淵にお客である男性がいるそうですが、女性は見られていることはわかっているんです。

女性がお風呂に入ってて覗かれてても女性が気が付かないで洗っていることに興奮するんです。

今にも下着が見えそうなスカートより、ちょっと長めのフレアースカートみたいな、ちょっとの風でパンツが見えるチラリズムもどちらも男性にはたまらないチラリズムでしょう。

チラリズムを見ない男性はいない

どちらも偶然的に起きるものが好きな男性!

隣のアパートの部屋で着替えをしている女性を見ない男性はいない。

いたとしたらそれこそ病気だと思う。

彼女がいて彼女の手前我慢しているってのはあります。

でも男性が1人の時に女性の着替えを見ないのはどこか致命的な病気なんでしょう。

着替えている女性と目と目があったら気まずいでしょう。

お互いに隠れて気まずい思いをします。

でも見ない男はいないので見られたくなかったら見られない対策を取ってカーテンなり閉めることです。

見ていた男性は本能的にしょうがないので攻めないで欲しいです。

男性心理を狙うチラリズム

男性は頭の構造自体がいやらしくできていると思います。

その男性心理を狙い撃ちする下着がチラッと見えるチラリズムが男性を貴女のものにするんです。

どんなに女性の裸を見ていようと見ちゃダメと言われたら見たくなるものです。

雑誌の袋とじなんか閉じたままのものは見たことありません。

一般の雑誌だから過激なものは載ってないのわかっているけど見ない男性はいないんです。

そういった男性心理を知ったうえで狙い撃つチラリズムなんです。

彼に見えているか確認する必要はありません。

そういった確認作業が彼に気づかれる行動なんです。

あくまで彼に見られていることを貴女は知らない設定です。

確認作業がチラリズムではなくなるんです。

さりげなく、何気なくです。

男性心理をくすぐるチラリズム!嗅覚や視覚で欲情する

続きを見る

チラリズムとフェロモン香水

至近距離による下着がチラッと見えるチラリズムと至近距離から発せられたフェロモン香水によって彼はイチコロでしょう。

男性のスケベ心を誘惑するチラリズムはしつこくするものではありません。

1回か2回がベストでしょう。

そのわずかなチラリズムが彼を興奮させるんです。

彼の態度はいつもと変わりはありませんが、心の中はムラムラです。


あのチラリズムの向こう側ってどうなっているんだろー!
彼

ドキドキ!

下着が見えそうで見えないもどかしさが男性をより興奮させるチラリズムです。

一瞬で彼を落とすのは香り

そこに止めとしてフェロモン香水が良いんです。

貴女の魅力が最大限発せられるでしょう。

女性らしくピンクで攻めるのもいいでしょう。

チラリズムがジャブだとしたらフェロモン香水はストレートパンチです。

この2つの攻撃で彼はノックアウトです。

Viens Floral(ヴィヤンフローラル)

リビドー

上記の方が甘さは強いです。

男性にも人気の香水です。

 

-恋の悩み