女性器

美味しいラブジュース(愛液)の作り方

何処にも触れないで、普通にしていれば無味無臭に近くそこに貴女の味が加わり美味しいラブジュースが出来上がります。ただ女性器は恥垢と呼ばれる垢がたまりやすい構造で、ジメジメしているので菌が繁殖しやすいから、いつも清潔にしていることが大事です。菌が繁殖して陰毛や下着につくと菌が死滅して悪臭を発します。女性器はオリモノやいつもジメジメしていたり菌の喜ぶ環境ではあります。

膣の中

膣の中はものすごく過酷な場所です。女性器の外側と違って膣の中はとても過酷です。

普段我々が飲んでいる水道水は7phで中性でできています。しかし膣の中は4.5ph程しかなく酸性が強いんです。それにオリモノによって汚い物は流される仕組みです。

膣の中はいつも綺麗に保たれる

女性のあそこは指を入れられたり目に見えないバイ菌が入り込むところです。それをオリモノによって綺麗に洗い流してくれるんです。素晴らしい構造になってます。

美味しいラブジュース

女性である貴女自身ではどんな味なのかわかりませんよね?自分で確かめられないからこそ綺麗にしておそらく美味しいだろーなーって思うラブジュースを彼には味わってほしい物です。美味しいラブジュースは女性ホルモンなので男性にしたら美味しく感じます。でも美味しく感じないときもあるそうです。多分膣の中を通ってくるときに不純物と混ざるのでしょう。本来はオリモノで綺麗にしてくれますが、オリモノ自体も美味しく感じるものではないです。あそこ全体も一緒に舐めるので外側も綺麗にすることで美味しくなります。

何もしないのが美味しいと思いますが、それは奇麗なあそこでの話です。いつも綺麗にすることで美味しいラブジュースが出来上がります。彼が舐める間に色んな不純物が混ざって美味しくなくなるんです。美味しいラブジュースを作るにはあそこを綺麗にするしかないんです。綺麗にすれば彼も美味しいくラブジュースを味わえるんです。

ホルモンバランス

女性は月経があり、排卵して受精しなかったら生理によって流されます。あまった汚れをオリモノによって洗い流されます。しかしホルモンバランスの乱れによってオリモノの量が違ったりします。

膣の中への影響

性病以外の菌は繁殖できない過酷な場所になってます。ホルモンバランスが乱れるとオリモノの量が少なくて完全に洗い流せないこともあります。そうなると美味しいラブジュースに不純物が混ざることになります。1度男性が美味しくないラブジュースを舐めると2度と舐めてはくれなくなります。自然には奇麗を保つようになってます。しかしちょっとのホルモンの乱れから色々な所に影響が出ます。

膣の外側

膣の外側は自分で綺麗にしないと自然には綺麗にしてくれません。特に女性器は恥垢がたまりやすい構造です。優しく丁寧に洗う必要があります。女性器の構造にもよりますが、シワが多い人は垢がたまりやすいです。垢が悪臭の原因ともなってますので綺麗にしましょう。

清潔で美味しい愛液

いつも綺麗で清潔な膣からの分泌液なら絶対に美味しくなるんです。彼に美味しいラブジュースを味わってもらって、長めに舐めてもらうことで彼にも貴女にも良いんです。自分で味見できないし、男性にしか美味しいと思われない女性ホルモンです。自分で確認できないからいつも綺麗でいないとダメなんです。

膣の中やあそこを綺麗にする

ジャムウハーバルソープで外側を洗ってデリケートパックで膣の中を洗います。ジャムウハーバルソープは天然成分でできているので泡立ちが悪く感じます。泡だて器がついてくるのでよく泡立てて泡でパックする感じで3分間待ちます。デリケートパックも指に取り出したら膣壁に塗り3分パックします。その3分の間に頭を洗ったり他の体を洗ったりしましょう。最後は奇麗にすすいで終わりです。

これが美味しいラブジュースの作り方です。ラブジュースは愛し合ったら自然と出てくるものです。それに不純物が混ざらないようにします。ただそれだけです。

美味しいラブジュースの作り方



美味しいラブジュースは彼と貴女を離さないものです。美味しいラブジュースは彼が離れないでいつまでも舐めてくれる。

愛液が下着について乾燥

愛液が下着についてそれが座ったり立ったりをすると陰毛まで付きます。ジメジメと湿気があるのは膣の中だけです。外に出てしまった愛液は乾燥する運命にあります。乾燥することによってジメジメで繁殖したバイ菌が乾燥によって死滅します。それが悪臭を放つのです。

愛液が乾燥して長時間は悪臭の原因

女の子はいやらしいことを想像すると濡れるようになっています。それが下着まであふれてきて長時間経つと悪臭の原因です。替えの下着や、オリモノシートで対策するか、デオドラントでごまかすかの2択です。ニューヨークの気品のある香りがするように香りづけされています。悪臭の放つ嫌な女からいい香りの女へ変身しましょう。

デオドラント仕様上の注意点

イビサデオドラントはスプレー方式です。粘膜つまりあそこに直接当たらないようにしましょう。アイラインの陰毛などにスプレーするときは指2本であそこを隠してスプレーがかからないようにしてください。

写真左端がイビサデオドラントです。真ん中が最初から泡で出てくるソープです。右端は黒ずみようのクリームです。イビサデオドラントは小さいのでバッグに入れて持ち歩けます。

ニオイは自分では気づかない

人を一瞬で嫌いになるのも好きになるのも匂いなんです。ニオイは自分では気づくことが少なく指摘されて初めてわかる人が多くいます。香水をつけても自分では足りないと思っても他人からはちゃんと香ってます。自分で足りないと思って香水をつけすぎるとキツイ臭いになってしまいます。自分で臭ってきたら相当だと思ったほうが良いでしょう。

愛液のニオイ

愛液はフェロモンがあるので女性にはわからない臭いや味なんです。男性に美味しいと思わせる味なんです。でも清潔に洗っているのとは全く違います。バイ菌が繁殖するのに適した環境なんです。丁度いい温度にジメジメの湿気があるんです。あふれてきたらデオドラントで…その前の対策はお風呂でキレイにすることです。

【イビサソープ】と【イビサデオドラント】

-女性器

Copyright© 女性の恋愛講座 , 2020 All Rights Reserved.