男性心理を知る事で女性の恋愛は成功する

女性の恋愛講座

体の悩み

バストコンプレックスよさよなら!貧乳にバイバイ

更新日:

バストが小さくて彼とエッチができない女性は多い。

勿論彼もエッチはしたい。

けどバストコンプレックスで彼とベッドに入る勇気が出ない女性の悩みは多い。

いつもはバストアップブラをつけているから服を着ているときはごまかせるけど、裸になると胸の大きさが違うのがすぐにばれるのが恐い。

どうしたら彼とベッドで抱き合えるのだろうか?

胸が小さいコンプレックス

普段のデートでは服を着ているのでごまかしが効く。

バストも矯正下着でどうにかなるけど、裸になるとすぐに彼にばれてしまう。

いくら電気を消してもバストを探されたらどうしよう!

バストが小さいのは致命的です。

何故なら男の人は顔よりなによりおっぱいの大きさで女性を判断する人が多いんです。

普段服を着てバストアップしていると、それが嘘だったとわかるといなくなる男性もいます。

注意

普段偽りのバストを見せてから付き合いだすとバストが大きいと思って付き合う男性。

裸になりそのギャップに驚き離れていく男性もいる。

おっぱいの大きい小さいを気にする男性はものすごく多い。

隠さない服なら男性も納得

バストが小さいままの服で付きあいだしたなら男性もおっぱいが小さいことは服の上からわかっているのでベッドに行って胸がないことでショックは受けません。

大きなバストだけが良いって男性ばかりではありません。

しかしバストは大きなほうが良いも入れると95%を超えてくる。

胸がないのは仕方ないさー

その代わり良い所がたくさんあるからね!

でも胸は大きいに越したことはないよ

ないよりはあったほうが良いからね!

このような男性は多いです。

彼もそのグループでしょう。

男性のほとんどはおっぱい星人なんです。

自分にはない物ですからあったほうが良いんです。

メモ

バストは小さい方が良いって男性は砂浜で指輪を探すぐらい難しく少ない

コンプレックスにさよなら

今は豊胸手術も進歩して自分の脂肪を使う方法なんです。

カウンセリングも含めて日帰りでちょっとずつ豊胸します。

1ccずつ注入するので切開手術ではありません。

注射器での脂肪注入で切開はしない

脂肪はどこから抽出するのか?

貴女が取りたい部分と先生の見立てと一致したらそこから取ります。

そしてバストへと注入します。

自分の脂肪なので副作用はありません。

PRP血小板注入療

脂肪を定着させしこりを作らない治療法です。

池田ゆう子クリニックが最初にPRP血小板注入療法をおこなっています。

今では色々な病院で行われており各病院がまねするほど価値のあるものなのです。

シリコンバッグ撤去代無

今までシリコンバッグでの豊胸手術が一般的でしたがマンモグラフィーができないなど不便さもありました。

そこでそのバッグを取り除くのは無料で行っているそうです。

 

今回はおっぱいがない人ですからシリコンバッグは関係ないですね!

バストコンプレックスは豊胸手術

今の彼もそうですが、これから先ずーっとコンプレックスを抱きながら人生を過ごすことになります。

バストアップだけじゃない。

あこがれのボディも手に入るんです。

美ボディを手に入れたら彼を悩殺できるんです。

何より自分に自信がもつことができるんです。

手に入れた美ボディを維持するのは貴女です。

綺麗なセクシー水着を着て歩けるんです。

彼も鼻高々でしょう。

どうだー

俺の彼女セクシーだろー

見ろ見ろー 俺の女だぞー

心の中は良い女に好かれたモテ男です。

 

お腹周りの脂肪や太ももの脂肪など注射で吸引してバストに注射します。

池田ゆう子クリニックは女性のためのクリニックでエキスパートです。

相談だけなら無料なので是非相談してみてください。

 

思いっきり水着を着れる自信たっぷりのグラマーなボディを手にしてください。

女性らしい体を手にして恥ずかしくないコンプレックスにさよならしましょう。

より詳しく見てみる




 

-体の悩み

Copyright© 女性の恋愛講座 , 2018 All Rights Reserved.